性病 is BAD

どんなに症状が軽い性病でも重い性病でも気楽に考えるのは非常に危険なのをご存知ですか?各性病の症状から悪化した場合の危険性をお伝えできればいいと思ってます。日頃から夜遊びしている人は要チェックしてください。

咽頭から性病にならないように予防をしておこう

性病は、何も性行為だけでウイルスが移って発症するわけではなく他の行為からでも容易に発症する危険性があるものだということをしっかりと理解しておかなくてはいけません。特に、性病に関して咽頭からでも簡単にウイルスが移ってしまいますので予防には気をつけておかないとパートナーにも病気を移すことになりかねません。
性病の予防は非常に簡単で、性行為をする前に体内に残存するウイルスを殺菌しておくことです。この殺菌には抗生物質を使うことによって簡単に実現できるので、新しいパートナーと性行為をする時には特にお互いのためにウイルスに感染していないかどうかを確認しておくことが大事です。性病は、他の病気と比べて再発率が非常に高い病気で有名です。これは、患者本人がウイルスがなくなったと勘違いをして性行為をするからに他なりません。実際に、クラミジアなどの性病は既に100万人以上の患者がいることがわかっているので、体内に残存するウイルスを駆逐しない限りは感染力の強い性病の性質上、必ず相手に対して移してしまうことになります。
特に、油断しているのが咽頭のウイルスです。オーラルセックスをして咽頭に粘膜が触れてしまったときにはそこからウイルスが侵入します。咽頭から侵入したウイルスは体内で繁殖することになるので、抗生物質を使って滅菌と予防をしないと次にパートナーと性行為をしたときに感染確率が非常に上昇することになります。また、性病を予防することは次の性病を予防することにも繋がります。感染症は一度感染すると他の病気を誘発する大きな要因になってしまうので、あらかじめ予防しておけば大きな病気にかからずに性行為を楽しむことが出来るようになるのです。