性病 is BAD

どんなに症状が軽い性病でも重い性病でも気楽に考えるのは非常に危険なのをご存知ですか?各性病の症状から悪化した場合の危険性をお伝えできればいいと思ってます。日頃から夜遊びしている人は要チェックしてください。

妊娠中に必ず検査をする性病エイズ

エイズは性病の中でも、特に近年問題になっている病気です。なぜならその感染経路は性行為による感染、血液からの感染、そして母子間などの水平感染があります。また一旦エイズウィルスに感染してしまうと完全に治ることはないからです。また日本でも感染者が増えてきていることも問題の1つです。現在は、良い薬もたくさん開発されているので、以前に比べ治療ができる病院も増えてきましたし、治療に関する費用も下がってきています。また薬によってウィルスの増加を抑えることができたら、ずっとウィルスを体内に抱えたまま症状は押さえ、生活をしていくことができるのです。エイズを防ぐためには、性行為の際のコンドームの使用や誰が感染者であるか分からないので、血液をなるべく触らないこと、また妊娠中にエイズ検査をして陽性なら感染しないように治療を始めることが大切といいます。そのために妊娠をして病院を受診した場合には、まず妊娠中に性病の検査を行います。そしてクラミジアや淋病など内服で治療ができる物に関してはなるべく治療を行います。これは出産の時に性病の原因になる菌が産道からの胎児への感染を予防するためです。またエイズも同様に妊娠中に血液検査をします。そして陰性の場合には問題がありませんが、もしも陽性だった場合、治療が必要になります。これは母から胎児への感染を防ぐためです。妊娠中にきちんと治療をしていれば、赤ちゃんへの感染率も低くなります。妊娠中の検査で初めてエイズとわかる妊婦も少なくありません。妊娠という喜びはありますが、エイズに感染したショックや赤ちゃんへの感染の不安などもあるでしょう。最近ではそのような精神的なサポートも含め、妊娠期間を通して治療も行うことができるのです。