性病 is BAD

どんなに症状が軽い性病でも重い性病でも気楽に考えるのは非常に危険なのをご存知ですか?各性病の症状から悪化した場合の危険性をお伝えできればいいと思ってます。日頃から夜遊びしている人は要チェックしてください。

横浜で性病の治療を行って淋菌を滅菌する

横浜で性病の治療を行うことによって、性病になってしまう淋菌の殺菌をすることが大事です。淋菌というのは、淋病という性病を引き起こす感染症の一つのことを意味します。性行為の中でも粘膜に存在する菌であるため、クラミジアなどと同様に非常に感染率が高い性病であると言えます。横浜には、淋菌などを調べることができる専門外来が存在します。横浜には総合病院も多いので、性行為をして数日後に違和感を感じたときにはすぐに検査をしてもらうことが大事です。特に、淋菌は性病の中でも非常に感染率が高く、全体の約30%がこの淋菌に感染していることがわかっています。基本的に、淋病を発症させている人は同時にクラミジアの菌も持っていることが大半なので、検査 を受けるときには同時に検査してもらうほうが効率が酔いのです。淋病の厄介な点は、感染した本人が自覚症状がほとんどないまま症状が進んでしまうことです。咽頭や性器に感染するだけではなく、直腸などにも存在するので一度感染すると着々と症状が進んでしまいます。女性の場合は、膣から子宮あたりに炎症を起こし、悪臭やおりものが増加するので症状が進んでくるとわかりやすい症状が出てきます。しかし、こうした症状が出てくるまでは約80%近くの人が淋病の症状を自覚できません。身体におかしな点が出てきたときにはかなり症状が進んでしまっていることを意味するので、すぐに病院に行って薬をもらうなり治療するなり対策を行わなくてはいけません。男性の場合は、女性と異なって自覚症状 があることが多いです。特に、尿を排出するときに尿道に激しい痛みを伴うことになりますので痛みがあったときには病院に行って抗生物質をもらう必要があります。